Menu

横浜における保育求人

横浜市といえば、人口数が380万人にも及ぶ巨大都市であり、世界中からの注目も多く集まります。そんな横浜市の課題としてクローズアップされているのが保育現場の充実です。人手不足に悩む保育園やこども園、幼稚園などが増加。

そのため、保育求人の内容を一から見直す動きが見られます。実態について詳しく見てみましょう。

(院内保育とそこで働く保育士の求人について)

求められる保育士

横浜市でも保育求人が盛んに行われていますが、思うように人材確保が進まないという課題を掲げています。自治体では厳しい舵取りを余儀なくされていると言えるでしょう。保育求人が重要視されるのは、他でもなく、子どもたちの健全な成長をサポートするためになくてはならない存在だからです。

時代の進行とともに変化を見せる国際情勢の中で、日本が持続的な成長や発展をしていくためにも、子どもへの保育や教育を充実させることは必要不可欠と言えるのではないでしょうか。横浜市の保育求人の実態を見てみると、具体的な就業先には保育園やこども園、幼稚園などの施設を挙げることができます。

これらの保育施設については神奈川県や横浜市などの自治体が運営する事業所もあれば、民間企業や法人などが運営するケースも少なくありません。むろん、利用料金についての違いはあるかもしれませんが、子どもの面倒をみてくれるという点では同じです。

保育施設では、基本的には園長が責任者として運営を担うことになりますが、一緒に働く保育士の役割がより重要となってきます。なぜなら、各保育施設の規模にもよりますが、園長一人で切り盛りすることは不可能だからです。

保育士をはじめとしたスタッフが連携して業務を遂行しなければなりません。

揺れる保育現場!さまざまな声も

横浜市の保育求人が注目を集めている理由には、人手不足の現状に危機感を抱く人が多いことにも起因しています。行政のトップを務める横浜市長はもとより、保育関連業務に携わる人や保護者に至るまでが頭を悩ませてきました。

一概にいうことはできませんが、保育士はハードな仕事内容の割には給与水準が低いというイメージがあります。「ブラック」などと揶揄されることも少なくないでしょう。この現状については、横浜市に限ったことではないとされますが、横浜市ではこの点に大きく着目することで、事態打開に向けての糸口を見つけようと模索しています。

保育士をはじめ、保育現場に勤務する人の給料の原資となるのは、保護者などが支払う保育料金だけではなく、国や自治体からの補助金も大きなウエイトを占めています。このように公金に頼らざるを得ないというのが保育現場の実態といえるのではないでしょうか。

保育は教育や福祉などとともに横浜市にとっても極めて重要な分野です。

そのため、公金を投入するのも当然のことかもしれません。しかしながら、過度に公金を投入することに対しての厳しい意見が寄せられているのも事実です。「民間企業のノウハウをもっと活用すべき」や「完全な自由化を」などの声も聞こえてきます。

世界から注目される横浜市

横浜市は、人口がおよそ380万人にも及ぶ巨大な自治体です。人口数だけで見た場合には日本で二番目の多さを誇ることでも知られています。東京都心からも近いということもあり、何かと話題となることが多く、最近ではカジノ誘致に立候補したことが大きな関心事です。

良くも悪くも存在感の大きな横浜市は世界からも熱い視線が注がれています。そんな日本を代表する自治体だけに、保育に関する諸問題の解決に向けての取り組みにも注力していかなければならないと言えるでしょう。現に横浜市では、待機児童解消に向けての具体的な数値目標を大々的に掲げるなど、並々ならぬ覚悟で保育行政の充実を推し進めています。

西区や神奈川区、青葉区など横浜市は複数の区で構成されていることでも有名です。それぞれの区には当然ながら、予算が配分されています。保育求人に充てることができる予算の範囲も決まっているため、ギリギリの攻防が繰り広げられているのです。

元来であれば、もう少し保育士の給与水準を引き上げたいなどというジレンマを抱える園長も多いのではないでしょうか。保育士の安定的な確保のためには資金の問題が絡んできます。

多様化する保育求人

保育求人を見る中でも大きく注目されるのが、収入面であることは容易に推測できます。やはり、保育士として保育現場で勤務するなら、多くの報酬を得たいというのが本音ではないでしょうか。横浜市が位置する神奈川県は、東京都とともに賃金が高いことでも知られており、最低賃金も1,000円を超えることが決定しています。

横浜市でも保育士を目指す人の多くが女性であり、育児や家事、介護などとの両立を視野に入れての勤務を念頭に置く人が多いのも現実です。勤務時間などの制約の多い正社員よりも、パートや派遣社員を希望する人も少なくありません。

働き方改革やワークライフバランスなど国家が主導的に進める政策についても、決して無視することはできません。さまざまな働き方を認めることで、人材確保の近道になるという意識を持つ保育施設も増えてきました。保育求人の中でも、休日数や有給休暇の取りやすさなどに重きをおくという傾向も見られます。

保育施設の中には、有給休暇の消化率や取得日数などの具体的な目標数値を決めて臨んでいるケースもあるほどです。従前のように、当たり前のようにサービス残業や長時間労働などが黙認されていた状況からの脱却が進んでいます。

働き方改革にも貢献!保育現場からの変革を

保育現場の安定運営に欠かせないのが、保育士の確保ということはいうまでもありません。求人内容を充実させることの重要性が高まっているのも容易に理解できます。横浜市でも昔のような労働環境では人手を確保することは難しいという反省を踏まえ、具体的な改善策を講じています。

例えば、育児手当や短時間勤務、フレックス勤務の導入なども代表的な取り組みと言えるでしょう。また、保育士として働くのは若い世代のみならず、中高年やシニアまでの幅広い世代に及びます。ある程度の体力があれば務めることができるのも、保育士という職業の強みと言えるのではないでしょうか。

高齢者の活用や雇用の受け皿という面でも有意義なことは間違いありません。多様化する働き方のモデルケースとしての期待も高まります。

関連リンク(横浜市内の保育士 / 保育園の募集・求人情報 - 総合保育サービス【明日香】)